スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生のコイン(2) 



第03ウォークでチマチマ雑魚アントリオンをしばいていると、制圧目的のパーティに誘われることがあります。制圧の最大の利点は何と言っても「古い小袋」取得のチャンスがある点。この「古い小袋」は各ウォークを制圧した際、報酬として出現する宝箱(Treasure Coffer) に入っており、使用すると03枚~10枚のコインを取り出すことができます。アレキサンドライトにおける「木綿の巾着(亜麻の巾着)」と同じ位置付けのモノと言えばわかりやすいかもしれません。

制圧目的の際に選ばれるウォークはほぼ例外なく「水滴が跳ね返るような微かな音が聞こえる」第02ウォーク (Veridical Conflux #02)。このウォークはスライムとクロットの巣窟になっており、こんなふうなモンスターばかりを相手にしていたら何だか気分までジメジメしちゃいそうですが、コインの取得のみを目的とした場合ウォーク毎に報酬の差は無いことから(無いと思います、たぶん)、数あるウォークの中でも最も難易度が低いと言われているこの第02ウォークが選ばれるのは、当然と言えば当然だし必然と言えば必然。

そんな具合に第02ウォークと第03ウォークを行き来する生活を繰り返すこと約二週間。気が付けば30枚の「誕生のコイン」を揃えてしまったふぁっしょんさん。この期間を長いと取るか短いと取るかはヒトそれぞれですが、目的のお宝を手に入れるまで二年とか三年とかが当たり前だった一昔前を知る (例えばデュナミスにおけるデュエルシャポーのように) 古参冒険者から言わせてもらいますとまあスンナリと言っちゃっても良いんじゃないかと思います。

医者も匙を投げるほどに無茶苦茶だった難易度に関してはレベル上限解放が相対的緩和になってそれなりに遊べるようになったものの、仕様を巡る問題の方は未だに山積み状態。さすがにこのままではマズイと思ったのか、現在この「ウォークオブエコーズ」は大幅な見直しが行われているみたいですが、評価システムをはじめとして「ならではのウリ」になる(はずだった)仕様がことごとくダメ出しされている点を考えると、まったくのベツモノに作り変える以外方法がないように思えたりもするんですけどソコんトコどーなんでしょーか。

誕生のコイン(1) 

ある日のこと。コマちゃんが突然「『ウォークオブエコーズ』へ行こうず!」とか言い出したわけです。しかしながら「ウォークオブエコーズ」と言ったら導入間もない頃に突撃して身も心もズタボロにされたロクでもない場所。そんなヒドイ目に遭ったにも関わらずまた挑戦したいなんて、モノ忘れが激しいのか、ドが付くほどのマゾヒストなのか、ただ単に頭がおかしいだけなのか、理解に苦しむところですが、そんなコマちゃんだから当然友達だって少ない。となると半強制的にわたくしふぁっしょんが拉致られることになるわけです(泣)。

御存知の方は御存知の通り、FFXIのバトルコンテンツにはそれぞれウリとなるお宝が用意されておりまして、デュナミスにはレリック武器防具、エインヘリヤルには各種免罪符(とオーディン製武器防具)、アビセアにはエンピリアン武器防具があるように、この「ウォークオブエコーズ」には栄華、誕生、発展、衰退、滅亡の名を冠する五種類のコインが存在します。このコインは「メイジャンの試練」製の武器の強化に必要となり、例えば「栄華のコイン」だと片手剣、両手斧、片手刀の強化に対応しているというわけ。なので、わたくしふぁっしょんは短剣の強化のために必要になる「誕生のコイン」を、コマちゃんは弓の強化に絡む「衰退のコイン」を求めて赤裸々にDIVEです。

第01ウォークから第07ウォークまでのバトルフィールドが存在するこの「ウォークオブエコーズ」ですが、今回我々が選択したのは「虫たちが行軍するような微かな音が聞こえる」第03ウォーク (Veridical Conflux #03)。第03ウォークには19匹のアントリオンが出現(ボス格の巨大アントリオンが03匹と雑魚アントリオンが16匹)し、これらの完全殲滅が制圧条件になります。と言っても二人程度の戦力だと完全殲滅は難しいので、制圧は早々に諦めてボス格の巨大アントリオンはスルー。稀にコインをドロップする雑魚のみを狙い撃ちするスネオ式戦術で戦闘開始。通常よりも広い知覚範囲、殲滅状況(あるいは時間経過)による移動ルートの変化、接触した時点でパーティ(アライアンス)全員にヘイトが発生する等の「ウォークオブエコーズ」ならではのモンスターの挙動を理解していれば過去にコテンパンにされたのがウソみたいなイージーモード。もともとこの第03ウォークは「ソロ専ウォーク」と呼ばれるくらい難易度が低いこともあるのですが、やはりレベル上限解放によって我々冒険者が強くなったことがやはり最大の要因だと思います。

そんなこんなで今回取得した「誕生のコイン」は04枚。「メイジャンの試練」製の武器強化に必要となるコインの枚数は30枚ですから単純に計算して07回から08回の突入で目的のコインが揃う計算になるわけですが、さて……!!

次回へつづく

ラミネール少年の秘密 



大病「ダボイ肺炎」を患う母親に高価な薬を購入するために来る日も来る日も配達の仕事を続けるサンドリア王国のラミネール(Raminel)少年について。

49 名前:既にその名前は使われています 投稿日:2010/06/20(日) 11:02
  競売所から「こんにちは、配達に来ました!」までの時間が
  ヴァナ・ディール時間35分=地球時間01分。
  荷物の受け渡しの時間が競売側でヴァナ時間22分=地球時間50秒。
  往復分と合計して一度の配達に要する時間は
  ヴァナ時間01時間32分=地球時間2分50秒。
  不眠不休で働き続けているのでヴァナ時間一日に約15.6回、
  一ヶ月に約469.5回、一年に5634.7回の配達をしていることになる。
  休暇をとったという描写もないため、
  メンテナンス中にも配達を継続していると仮定すると
  冒険者の時代がはじまってから216年間に約1217113回の配達をしている。
  一度の配達における賃金が冒険者の初期所持金と同額の10ギルと仮定すると
  216年間で約12171130ギルの収入、地球時間にして時給176ギルの収入。
  一度の配達が約264歩、
  エルヴァーンの少年の駆け足の歩幅を40cmと仮定すると配達距離は105.6m
  ヴァナ時間一日に約1647m、一ヶ月に約49.5km、一年に約595km
  冒険者の時代がはじまってからの走破距離は約128520km
  これは地球三周強の距離に相当する。

ちなみにサンドリア王国のクエスト「冒険者の日記」において我々冒険者の手から彼の母親に「咳止めの薬」がもたらされることになるのですが、この薬がイマイチ効かなかったのか、それとも他に欲しいモノがあるのか、はたまた仕事が生き甲斐になってしまったのか、今日も今日とてラミネール少年は配達の仕事を続けるのであります。こんにちは、配達に来ました!

救世主の条件 

アビセア-エリアには、クエスト、エンシェントジェイド、アートマを対象にしたアチーブメント(達成状況)が存在します。我々冒険者の行動記録を管理するヒトが教えてくれるアレ、と言ったらわかりやすいかもしれません。いずれかのエリアのアチーブメントが100%に到達すると「異界の訪問者」という称号が与えられ、以降エリアが増える毎に「異界の協力者」「異界の戦士」「異界の強襲者」……と称号が変化し、全てのアビセア-エリアのアチーブメントを100%にすると「異界の救世主」という称号と「救世の人工アートマ」が取得可能になります(下記参照)。

・コンプリートエリア01箇所「異界の訪問者」
・コンプリートエリア02箇所「異界の協力者」
・コンプリートエリア03箇所「異界の戦士」
・コンプリートエリア04箇所「異界の強襲者」
・コンプリートエリア05箇所「異界の破壊者」
・コンプリートエリア06箇所「異界の勇者」
・コンプリートエリア07箇所「異界の英雄」
・コンプリートエリア08箇所「異界の覇者」
・コンプリートエリア09箇所「異界の救世主」

気になる「救世の人工アートマ」の性能は「すべてのステータス+(大)、すべてのステータス変化耐性+(大)、時々被ダメージ吸収」というモノ。取得までの労力に見合った性能なのかと問われると正直ビミョーなところだと思いますし、そもそもクエストにしてもエンシェントジェイドにしてもアートマにしてもすべてを揃える必要はないと言うかむしろ無くても困らないモノの方が多いくらいですから、このアチーブメントはドチラかと言うと「コレクター向け要素」な感が強く、わたくしふぁっしょんも「へー。そんなモノがあるんだ」程度にしか気にかけていなかったのですが、そこは廃人の性(サガ)。気が付けば「禁断の地アビセア」と「アビセアの死闘」エリアのアチーブメントが100%まで到達し「異界の勇者」なんて呼ばれていたので、もしかするともしかするかもみたいな流れで「救世の人工アートマ」の存在を意識するようになった次第。

と言っても「アビセアの覇者」エリアに関しては、アビセア-アルテパのアチーブメントだけはそれなりに進行してはいるものの、他の二箇所──アビセア-ウルガランとアビセア-グロウベルグに関してはまったくの手付かずと言っても過言ではない状態。ふぁっしょんさんがアビセア界の救世主として認められるにはもう少し時間が必要になりそうですが、これまでと同様にぼちぼちペースで頑張っていこうかなとか思っていたりします。ぼちぼち。

Easy Jesus 

20110214.jpg

天神地祇とは……天津神と国津神。天津神は天上(高天原)の神々、国津神は地上に現れた神々の総称。天津神を天神(てんじん)、国津神を地祇(ちぎ)とし、すべての神々を指して「天神地祇(てんじんちぎ)」と呼ぶ。

服用した者は神に近付くと言われる幻の神薬「天神地祇の薬」は、地球時間03分間だけHP9999/MP9999、全ステータス999、リジェネ、リフレシュ、リゲイン等の超絶強化を得られる究極のテンポラリアイテム。当然ながら(または残念ながら)こんなゴイスーなお薬がそうそう簡単に手に入るはずもなく 200万クルオという大金、と言うか大クルオの支払いが条件。この額がいかに法外かを説明するには、はじめてクルオという概念が登場した「禁断の地アビセア」から半年間でふぁっしょんさんが貯めたクルオは 120万クルオだったと言えばわかりやすいかと思います。

しかしながらアビセア連続クエストのコンプリート報酬「天地のジェイド」を所持している場合に限り、大幅な割引が適応。20万クルオというリーズナブルなお値段で「天神地祇の薬」が取得可能に。そのおかげで昨今では「天神地祇の薬」の服用を前提とした戦術が採られることもしばしば。かく言うわたしも、すでにアビセア連続クエストはコンプリート済なので(日記にはまだ書いていませんが)「天神地祇の薬」の使用機会も増えていたりするのですが、いかに元値の1/10と言っても20万クルオだって相当な大金、と言うか大クルオ。失敗が許されない一発勝負に賭けるとなるとその緊張感はビッグバン級。

中でもカトゥラエ族の女王ラーニー戦のときなんかは「天神地祇の薬」を服用した途端に頭の中が真っ白になって、攻撃のタイミングをことごとく外してダメージを吸収されまくった挙句、トドメを刺すことが出来ないまま薬の効果時間が切れたりとか、もう一個の薬を注ぎ込んで強引に押し切ったまでは良かったもののお目当てのエポナリングが落ちなかったりとか、後日三度目の正直とばかりに突撃したときは「抗アムネジア薬」の併用を完全に失念してアムネジア状態、手も足もウェポンスキルも出せずまたしてもタイムアップとか、もーさんざん。

役満をテンパイしただけで煙草を持つ手が震えちゃうチキンハートのふぁっしょんさんですから、こういうプレッシャーはきついんですって。マジで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。